記事一覧

近くの公園(カワセミ)

近くの公園状況Ⅲ(少し長文になります)。近くの公園の様子を見に行きました。前回、綺麗なカワセミが居たので双眼鏡で見ていると幼鳥(メス)がやってきました。暫くするとエビ(2回目)を持ってきた方が来られ、エビを池に投入。すると、綺麗なオス成長(多分今までに来ていた)が来ました。来られた方は、カメラも持って来ていたので東屋の中からパチリ(運が良い)。私は、カワセミが警戒心が強いので、未だ撮影が出来ないと思...

続きを読む

エドビタキ

鷹の渡りの撮影中に枯れた木に止まりました。目の前の虫を捕食しようと大きな口を開けました。嘴の先の小さな虫がわかりますでしょうか。...

続きを読む

海岸のトウネン

トウネンは、内陸部の水田・干潟にもいます。しかし、海岸にいるトウネンが私は好きです。トウネンは、可愛く海岸が似合います。近くの公園情報写真の後です。(近くの公園情報Ⅱ)カワセミの初確認後、シラサエビを20杯ほど池に入れています。小さい池でも効果は解りませんが、カワセミが真っすぐエビを投入した木に向かってきました。欄干に居た私の顔を見たとたんに逃げて行きました。この日は、11時と4時半の2回来ていました。...

続きを読む

秋の鷹の渡り(26日)

昨日の先陣の渡りがあったので、今日は本隊が来るであろうと予測したが、ロープウェイの展望台は70羽弱と惨敗でした。昨日の本隊がすべて飛んでしまったようです。ツミが急に出て、後姿しか撮れませんでした。サシバ。ハチクマ。ノスリ(遠かった)。ツミ。...

続きを読む

アマツバメ(25日)

NTTのパナボナアンテナある高台に鷹の渡り(2回目)に行きました。以前より、時々見受けるアマツバメが(ライファー)撮れました。アマツバメは早く、ファインダーでは撮れませんでした。今回、本体を替えたので、照準器のみでシャッターを押しました。機材が腕をカバーをしてくれました。すぐに去ってしまうので今回はこれだけです。明日は、白樺峠の2000羽が到来します。楽しみです。...

続きを読む

朴ノ木のアオゲラ

昨年同様、朴ノ木にアオゲラが来ました。オス・メスとオス若の3羽(?)のようです。オス成鳥は綺麗です。アカゲラも飛んで来て、人が多いので飛び去りました。isoを抑えたので1/800です。優しい夫婦との話も楽しく、久しぶりにお会いした人もおられた充実した撮影日でした。画面に2羽入りました。飛び出し。飛び出し2.飛び出し3.朴の実の粘り。実を落としました。粘りが強い。オス若Ⅰ。メスⅡ。オス成鳥Ⅲ。...

続きを読む

イソヒヨドリ

綺麗な声で鳴くイソヒヨドリ。体の彩色が独特です。此方に向かて来る飛び物が撮れました。...

続きを読む

アメリカウズラシギ

珍しいウズラシギです。2014年10月に2羽初撮影出来ました。現地についても誰も居ませんでした。暫くするとM様が来られて教えてもらいました。M様がいると近くに寄ってきますが、居なくなると水田の奥に行ってしまいました。10数メートルの距離で撮れました。情報は途中ですれ違ったS様のおかげです。有難うございました。...

続きを読む

久しぶりのカワセミ

カワセミが綺麗になってきました。朗報近くの公園の池にカワセミがやってきました。一度見てからシラサエビを買い、数回に分け沢山池に入れたら最近は、時々 11時頃・13時半頃に現れるようになりました。しかし、撮影はできません。 ・ 東屋から欄干に出ると逃げます。 ・ 木の裏に人が通ると逃げます。 ・ 木止まりをしても葉被りで何処にいるかわかりません。 ・ 鳴かずに入ってくるのでわかりにくい。もう暫くエビを入...

続きを読む

鷹の渡り

ロープウエイのある展望台に行ってきました。現地10時着。太陽も出て少し風もある好条件。しかし、地面が雨で湿気ているのか大きな上昇気流が発生しません。お陰で水平(低い)位置で撮ることが出来ました。午前中にサシバ2羽、昼から1羽が朝飛び出すような目の前に出てきました。ハチクマは、高い所で降りては来ませんでした。渡りは30羽ぐらいの少ない数での早い組でした。近くで撮れたり、枝どまりなど満足撮影の1日でし...

続きを読む

台風一過(ホウロクシギ・チュウシャクシギ)

18日分です。台風が過ぎた後、珍鳥狙いで大きな河川に行きました。ホウロクシギ2羽、チュウシャクシギ1羽、ハマシギ、トウネン、がいました。残念ながら珍客はいませんでした。ホウロクとチュウシャクの大きさがかなり違います。機嫌が悪かったのか、ホウロクが小さなチュウシャクを追いかけていました。...

続きを読む

猛禽day Ⅳ (オオタカ幼鳥)

オオタカ幼鳥です。胸の縦斑。翼先分離6対。頭が白っぽい。そのうが膨れている。食後間もない様子。...

続きを読む

猛禽day Ⅲ(サシバ)

スマートなサシバです。...

続きを読む

猛禽day Ⅱ(ハチクマ)

引き続き猛禽のハチクマです。羽根の暗部は、パソコンでも補正しても上がりませんでした。秋の渡りには早いのですが、ハチクマ・サシバと早くも出てくれました。渡り時期は、もう少し綺麗に近くで撮れそうです。一人判断ですので、鳥名が違っていれば優しくご指摘をお願いいたします。...

続きを読む

猛禽day Ⅰ(ハヤブサ)

台風の接近で天候が悪いので、8日の在庫です。この日は、猛禽が良く出てくれました。先ずは、判別しやすいハヤブサです。鳶にモビングされていました。最後の写真以外等倍(高かった)です。昨日のランキングが、過去ぶっちぎりの最高ランクに更新いたしました。稚拙な写真や未熟な文章にも拘わらず、御覧頂き大変感謝しております。お礼申し上げます。ランキングは気にしていませんが、更新できたことは励みになります。これから...

続きを読む

チョウゲンボウ

この場所に来ると時々チョウゲンボウに出会います。警戒心が強いのですぐに逃げられます。最後の写真は、セミを捕まえているようです。何か持っているようです。...

続きを読む

エドビタキ

コサメの後は、エドビタキ。ビタキ3兄弟のサメビタキは未だ出会っていません。仲良く並んだエドビタキが撮れました。胸の縦線ですぐにわかります。...

続きを読む

コサメビタキ

チョコチョコと枝から地面に降り、採食して枝に戻る。可愛いコサメです。シャッターを切っていても横から 「可愛い」 と聞こえてきます。...

続きを読む

トウネン、タマシギ

本日は、雨です。昨日より小雨が降っています。トウネン、タマシギです。タマシギはチョット出ただけでした。...

続きを読む

手強いツツドリ

ツツドリは居るが、撮らしてくれません。飛び回って落ち着きません。もう少し綺麗に撮りたいと挑戦するも撮らしてくれません。在庫になってしまいそうなのでUPいたします。8月30日撮影。9月3日撮影。赤色型、9月5日撮影。...

続きを読む

チョウゲンボウの狩

ヨーロッパトウネンが飛び去った後、残ったトウネンを撮影中にバタバタとチョウゲンボウが下りてきました。足元に獲物を抑えています。獲物は草木の陰に隠れたのが災いだったようです。シャッター切ると驚いて飛び去りました。嘴から獲物は、トウネンのようです。...

続きを読む

ヒバリシギ

ベレー帽をかぶったヒバリシギ。足指が長く黄緑色の足。良く隠れていたのであまり枚数は撮れませんでした。何時も思うのは、最初に見つけた方に感心をいたします。...

続きを読む

エリマキシギ

水鳥の渡りは、順調のようです。オグロシギ、キリアイ、ホウロクシギ、キョウジョシギなど早くも大物が出てくれています。エリマキシギも出ました。このエリマキシギは、羽根を痛めているようです。一度はエリマキをした夏羽が見たいものです。...

続きを読む

キリアイ

昨年は大きな河口で数メートルの距離で撮れました。今シーズン初です。嘴の先が曲がっている魅力なシギです。...

続きを読む

ホウロクシギ

嘴の長いホウロクシギが大きな河口に来ました。2羽とも幼鳥から成長前の個体のようです。嘴が少し短い感じです。ダイシャクシギでない羽根を広げたところをUPいたします。...

続きを読む

ヨーロッパトウネン

道で出会ったSさんから、ヨーロッパトウネンがいるとの情報を頂きました。現地では誰も居なく、久米田池で撮った時を思い出しながら探しました。背中のV字を頼りに見つけました。暫くしてから4名の鳥友さんも来られました。地元で撮れるのもビックリです。3年ぶりの出会いでした。キャッチアイが入りました。トウネンと並行。仲良しです。V字。...

続きを読む

ササゴイ(幼鳥)

ササゴイの幼鳥は初めてです。首を伸ばして狩をするのはよくありますが、飛び込んでの狩は初めてでした。新しいカメラ本体は修理に出したので古いD7100です。連射も少ないし、AFピント合わせも遅いです。飛び込みます。飛び出しました。ピントが追い付きません。甘いので小さくしています。飛上りました。狩は失敗でした。今度こそ。獲りました。これです。自慢するように見せてくれました。...

続きを読む

キョウジョシギ

静かな河口にキョウジョシギがいました。近くに近寄ってくることもありますが、よく飛ばれます。逆光です。少し前の在庫です。丸々太っています。食事中です。...

続きを読む

オオタカ

この日は、オオタカとハヤブサともに2回目の出会いでした。前回の場所より北の電柱の上に滞在していました。暫くすると飛び出しました。前回、飛び出しが撮れなかったが足が離れる寸前が撮れました。電柱止まり飛び出し...

続きを読む

ハヤブサ Ⅱ

二回目は、鉄塔の中で休んでいました。鉄塔を一廻りしても良いポジションがありませんでした。猛禽の足は太いので強靭さを感じます。...

続きを読む