FC2ブログ

記事一覧

奈良散策(28日)

三重県在住の中学時代の友人と奈良に行きました。
本日の予定は、鳥の撮影ではなく利き酒とお昼の酒盛りです。
利き酒は、春鹿で有名な酒造です。
5種類の利き酒を呑むと違いがよく分かります。
一番高い酒は、木桶仕込み⑤番でした。
最後に追加でスパークリング清酒も頂きました。
画像は2番目です。
以前に大和西大寺で美味しかったM店に行こうと全員一致で
今回もここで酒盛りをいたしました。
今年は、遣唐使船が見れるので平城宮跡に寄りました。
約19800歩も歩き、あしの裏はジンジンでした。

奈良町。
DSC_9199.jpg
利き酒。
DSC_9201.jpg
名勝 旧大乗院庭園。
DSC_9210.jpg
桜の綺麗な浮見堂。
DSC_9215.jpg

DSC_9222.jpg
月と朱雀門。
DSC_9241.jpg
遣唐使船。
DSC_9240.jpg
大極殿。
DSC_9230.jpg




スポンサーサイト

コメント

No title

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

Re: No title

omachi様 こんばんは。
コメントありがとうございます。
「北円堂の秘密」と言う小説があるのですね。読んでみます。
有難うございます。
京都もいいですが、奈良も落ち着いて良いですね。
興福寺に行くとどうしても阿修羅像を見に行き、特別開帳がない限り南円堂に行きますが、
北円堂には行きませんね。「飛鳥時代の謎」も面白いです。

コメントの投稿

非公開コメント