記事一覧

海岸にコアジサシの数がめっぽう少なくなってます。そこで毎年コロニーに集まる場所に行きました。ここでもコアジサシは少なく、営巣は2か所でした。遠くに3か所あると詳しい方が言われていましたが、そこには殻の卵があり、望みが薄そうです。巣の卵の数を確認する為、巣を覗いた人は、コアジサシのモビングを受けていました。餌となるイカナゴが不漁のため飛び込みも少なく、オスの餌を待つのも、昼の時間帯で2時間ぐらいかか...

続きを読む

カルガモの親子

カルガモの親子を見つけました。河口には鳥の気配がないのでフィールドに行きました。水路で子供を背中に乗せ徐々に離れていきました。何羽いるでしょうか?この雛も日に追って数が少なくなっていくのでしょう。親と一緒にいる姿は微笑ましいです。遠いのでピンアマです。1羽が背中に乗ろうとしています。親が沈んで雛を乗せます。雛は11羽(1枚目)のようです。(写真が出ていません。「続きを読む」をクリック願います。)...

続きを読む

チュウシャクシギ

昨日、シギチを探しに2か所河口に行きました。全く鳥の気配がありません。土曜日なので家族連れなど人間しかいませんでした。それならと、大きな河口に行っても気配がありません。左岸に行くと、チュウシャクシギ1羽が佇んでいました。いくら待っても、あくびをしただけで動く様子がありませんでした。ハッカチョウがいましたが、テトラの間に入って撮らしてくれません。寂しい1日でした。...

続きを読む

イソヒヨドリ

この場所に来ると、イソヒヨドリがよく鳴いています。撮影してくれと言わんばかりに電柱に止まってくれました。すると、雌も続いて止まりました。このペアも営巣しているようです。イソヒヨの囀りは独特の美声です。...

続きを読む

綺麗な個体のキビタキ

キビタキが鳴いているので、暫く待ってみました。気になったのか何回か来てくれました。近くに営巣しているのか、獲物を捕らえています。虫を咥えその上に茶色の丸い物もダブルで咥えています。少し撮らしてくれたので、早々に退散いたしました。暗かったので高ISOです。綺麗な個体だけに明るい所で撮りたかった。...

続きを読む